ウィキペディアの寄付金の内訳、額に驚いた

ウィキペディアを利用したことのある方なら見たことがあるかもしれませんが、たまにサイトの上の方に寄付してくれーみたいな文言が出てきます。一人700円の寄付でこのメッセージは消えます的な文章を添えて…。

私もウィキペディアのヘビーユーザーの一人ではありますが、そのまま現金を誰かに渡せるならともかく、ネットを通して寄付とするという行為はなかなかすることが出来ません。でも、あのメッセージが消えたということは必要な額が集まったということなんでしょうね…きっと。

で、そもそもウィキペディアってどれほどの寄付が集まるのか気になって調べてみました。

2014年4月末時点での収支決算だそうですが…、

その額、なんと約50億円。。。
え?そんなに集まってんの!?…と思いませんでした?

そして、ウィキペディアの運営での支出と余ったお金が以下になります。

支出:33億5千万円
余剰金:15億6千万円

いやーすごいですね…。
広告とかそういう収入が一切なくこれだけのお金を集めることが出来るんですから。
本当にすごいですウィキペディア。

そういえば、一人700円の寄付を…みたいなメッセージだったので、50億円を700円で割ると約714万3000人の方が寄付をしたという計算になります。おそらく名のある方が一人何億と寄付をしているのでしょうが、それでもこれだけの方が寄付をした数字ということです。

でも、ウィキペディアって世界中で見られているウェブサイトですから、世界の人口を考えると714万人という数字は決して多いものとは言えませんよね。割合にすると1%ほどでしょうか。それでもこれだけのお金が集まるんですからね。

私もいつかお世話になっているウィキペディアに寄付したいと思います。
いつになるかは分かりませんが。