お金が無くなってからでは遅い

前回、キャッシングについて書かせて頂きましたが、今回はキャッシングを行うタイミングというものを書いてみようと思います。

多くの方が、キャッシングをするタイミングとしてお金が必要になってから、お金が無くなってから行動します。しかし、それでは遅いということをまずは認識しましょう。

なぜ遅いのか。

例えば、今すぐにお金が必要になったとします。
必要になったからキャッシングの契約をします。

しかし、契約には審査などもありますし、仮に審査が通ったとしても金融機関の営業時間の関係により振込が翌日になってしまう場合もあります。一刻を争うほどの急ぎでなければ問題ではありませんが、一刻を争うほどの急ぎの用立てであれば、やはり契約は事前に済ませておくことがベターと言えると思います。

また、会社を辞め、仕事が見付からないからと契約をしようとしても、その時点では定期的な収入が見込めない為に審査に落ちてしまいます。キャッシング契約の大前提として定期的な収入が見込めるというものがありますから、出来れば仕事を辞める前にキャッシングの契約などを済ませておくと、後々すごく便利だと思います。

このように、急にお金が必要になることを想定し、事前にカードローンの契約などを済ませておくと本当に便利です。必要な時にすぐに借入することが可能となります。使用しなければ金庫にでも入れておけば良いですし、年会費がかかるものではありませんのでデメリットは特にありません。

万が一の時に備え、こういう準備をしておくのもマネー研究会としては是非提唱したい部分です。

お金が無くなってからでは遅いんです。
お金が無くなる前にしっかりと準備をしておきましょう。

あらゆる不測の事態に備え、
お金だけは準備出来る環境を整えておきましょう。