損保ジャパンと日本興亜が合併

先日の日本テレビ系列で放送された24時間テレビで、今年のMCを務めた関ジャニ∞が番組の間に流れていた「損保ジャパン♪日本興亜♪」というCM。

損保ジャパンと日本興亜って別々の保険会社だよな?と思いながら不思議に見ていたのですが1日のニュースで合併したと報じられていました。

きっと多くの方が知っていた事実だと思うのですが、このことについては私は全く情報がなく、関ジャニ∞のCMで違和感を感じたのが最初でした。

こんなブログをやっていながら知らなかったというのは何ともお恥ずかしい限りです。

話を元に戻しましょう…。

それにしても業界2位の損保ジャパンと業界5位の日本興亜が合併するのはかなり大きなニュースですよね。これにより業界1位に躍り出たことになった訳ですが、利益ベースでは業界3位に留まっているそうで、これからの展開に期待が注目しています。

この損保ジャパンと日本興亜の歴史を紐解くと、損保ジャパンが安田火災海上と日産火災海上が2002年に合併した会社で、日本興亜は日本火災海上と興亜火災海上が2001年に合併した会社ですので、損保ジャパン日本興亜という会社は大手4つうの企業がこの13年の間に合併した巨大企業ということになりますね。

ただ、この合併を見ても分かる通り、日本はこの13年の間に経済的に縮小してしまっていることが分かります。保険の需要が無くなってきているからこそ合併するのであって、保険の需要が減っているということはそれだけ民間が潤っていないということの表れでもあると思いますから。

ただ、今は保険に入るという安易な方法ではなく、資産運用をするという方法も注目されているので今後業界がどのように展開していくかが見物ですね。